円売りカウントダウンか?

ドル円は、三角保ち合いから上抜けしたが未だに100円をしっかり乗せることができておらず97.50~99円と狭いレンジに入り込んでいる。東京で噴いても海外では、米株が連日の下げでうまく波に乗れない状況だ。来週は、ユーロドルやポンドドルが上値をトライしだした時にドル円が底堅く移行してくれればクロス円と同時に100円台に乗せてくる可能性もある。逆にドルストレートが上値をトライできずに失速となればクロス円も厳しい展開となりドル円も下は、堅いが上値も思い状況になるとみる。したがってドル円が上昇開始する条件は、ドル相場から円売り相場に変化すれば一時的ではあるが盛り上がるのではないかと見る。やはり10/1に注目があつまるだろう。安倍首相は、消費税率を予定通り、10月1日午後6時から記者会見して正式に来年4月に5%から8%に引き上げる方針を表明する予定で更に今後の増税に対しての発言にも注目が集まるあろう。過去の増税年は、円安の年になっていることは誰もがしっている。



本日の相場を動かすネタ カリスマブロガー予想は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング | ポンド円予想サイト | FX デイトレ派日記 |


[ 2013/09/28 16:26 ] 為替・経済 | TB(0) | CM(0)

ドイツ選挙選挙で波乱あるのか。ユーロは、危機リスクを吐き出していない事は確かだが

明日の早朝でドイツ選挙のおおまかなシナリオが見えてくるだろう。メルケル首相の支持率は安定している見方だが過半数が取れない場合など想定しておいた方がいいだろう。アナリストでのシナリオはまちまちで波乱無しもいれば、最終的にメルケル陣営が勝利でユーロ売り、政権交代でユーロ買いとも噂が出回っている。ここ最近のユーロ相場をみてみると非常にユーロが上昇している。確かにドイツは、ユーロにとって重要な国でメルケル勝利でもユーロ売りとされるシナリオが欧州懸念国に対する支援がらみから再び懸念が悪化する可能性が残されている。個人的にもここからユーロが上昇してもたかが知れてると思っておりどんな流れになろうが噂で買って結果で売るシナリオも今回は、想定しておいた方がいいだろう。いずれにせよユーロは、危機リスクを吐き出していない事は確かだ。



本日の相場を動かすネタ カリスマブロガー予想は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング | ポンド円予想サイト | FX デイトレ派日記 |


[ 2013/09/22 23:25 ] 為替・経済 | TB(0) | CM(0)

ドル円、米国緩和縮小据え置きも織り込み済みだった。

FOMCでは、予想外の据え置きとなりドル売り相場となったがドル円は行って来い相場となった。注目の98円前半付近では国内からの買いが相当入ったそうだ。ただ100円を超えてきていないことから月末や来月の消費税問題に注目が集まりそうだ。もしかしたら年末までの相場は、97円台が底になる可能性もでてきた。今のところは、100.60を越えていくのか押さえられるかで大きく円相場が異なってくることは間違いない。クロス円にしてもポンド円が160円付近まで上昇しておりリーマンショック後の高値を越えるかそれともここから叩かれるか、ユーロ円も135円ととんでもないポイントまで上がっており行き過ぎた通貨の巻き戻しには十分に注意が必要だろう。




本日の相場を動かすネタ カリスマブロガー予想は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング | ポンド円予想サイト | FX デイトレ派日記 |



[ 2013/09/21 13:20 ] 為替・経済 | TB(0) | CM(0)

ドル円は、FOMCよりも消費税問題が重要

2020年に東京オリンピックが開催されることは非常に今後の日本経済にとってはポジティブ材料となったと思う。ただ週明けの東京はどうだっただろうか。これまでの相場が一転したような動きにしては寂しい動きで終わった。ドル円は、100円を付けて一旦調整後強い上昇となったが100.60で早々と失速。昨日でのNYでは、99円前半とオリンピック相場は一週間持たなかった。ただ今後の株や為替相場にはサポート的な役割をしてくれると見ていいだろう。さて来週は、FOMCが控えており緩和縮小は織り込まれているもののドルストレートではドル売りが未だに継続している。今月は、シリア情勢などで9月相場を分かりずらくさせておりドル円も新たな三角保ち合いができる可能性がある。個人的には、ドル円は来月や11月に厳しい相場が来るのではないかとみておりFOMCよりも来月の消費税の方向性で円相場が同動くのか注目している。




本日の相場を動かすネタ カリスマブロガー予想は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング | ポンド円予想サイト | FX デイトレ派日記 |


[ 2013/09/14 14:27 ] 為替・経済 | TB(0) | CM(0)

今後の相場を導く重要な週となりそうだ

週明けからドル円は、ファンド勢の買いで100円突破となったが100円台の売りに押されて昨日の雇用統計でも期待はずれで98円台へ押し戻された。今月は、投資かも気合を入れたいところだが9月序盤に偏った相場にも注意が必要になるだろう。国内では、2020年のOP開催予定地が東京の可能性がありまずは、ここに注目。波に乗れば消費税問題もうまくクリアして株も上値とライトなりそうだ。一方海外では、シリア情勢が収まらず現段階では、市場は懸念拡大は避けられると読んでいる。これが長引けば米国QE縮小もおわずけとなり国内情勢にも影響が出てくると見る。来週一週間で今後の行く先が見えてくる可能性があり重要な週となりそうだ。まずは、2020年OP開催予定地が東京になるかならないかで週明けは決まりそうだ。



本日の相場を動かすネタ カリスマブロガー予想は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング | ポンド円予想サイト | FX デイトレ派日記 |


[ 2013/09/07 14:30 ] 為替・経済 | TB(0) | CM(0)