遅行線が転換線割れに・・・・・

ドル円は、105円前半を付けてから戻りを試す展開となった。既に日足では、転換線、基準線、21日線をクリアしているがすべて低口銭はいまだ下向き状態。週末には、110円台の高値から105円台の61.8%戻しまで到達してきたが来週の一目の雲の上限が108円付近で来週以降108円台を維持できなくなると遅行線が今度は、転換線を下回る動きとなる。安倍内閣の支持率も低下しGPIFがらみのネタだけでは日本株も下支えできないだろう。まずは、週明け欧州の銀行ストレステストの結果公表に注目したい。週末には、大まかな予数字が伝わったが市場の反応を見たかったのではないかと思う。そもそも何故休場中に正式発表なのか?利下げや金融緩和と違い欧州危機となれば円買いは避けられないだろう。一方米国では、NYで初のエボラ感染者や新手のテロ騒動もでており米株が一旦持ち直してきているが再び下値を伺う動きに注目したい。FOMCでは、前回議事録内容から利上げは、当面先送りになる可能性を想定して挑みたい。いずれにせよドル円の月足終わり値に注目。


本日の相場を動かすネタ カリスマブロガー予想は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング | ポンド円予想サイト | FX デイトレ派日記 |


[ 2014/10/25 12:45 ] 為替・経済 | TB(0) | CM(0)

ドル円は、調整下げ一服も再び・・・・

とうとうドル円が崩れてきた。前々から想定してきた相場だけに特にサプライズでもなんでもないが105円前半で下ヒゲを付けて反発し107円手前まで戻して今週は引けた。市場は、これが最後の究極の買い場との声もあったがどうだろうか。まだまだ波乱の相場は続くとみている。米株ダウは下ヒゲを付けて持ち直したが再びクラッシュとなる可能性がありドル円も戻り高値確認後再び下値トライの相場がやってくると見ている。

ドル円の究極の買い場はもう少し先になるだろう。


本日の相場を動かすネタ カリスマブロガー予想は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング | ポンド円予想サイト | FX デイトレ派日記 |


[ 2014/10/18 10:26 ] 為替・経済 | TB(0) | CM(0)

振り落とし相場は、まだまだこれから

良好だった米・雇用統計も発表時のドル買い以降は早々と失速し今週は、107.60台の安値圏で引けた。今週は、暫く機能しなかったアストロ相場がメインとなった。米株、欧州株、日本株すべてが続落し為替ではドル買い円買い優勢で週末を終えた。米・議事録では、ドル高懸念もでてドル売りで異常な反応も示しただけにユーロドルの一時的な持ち直しも想定しておきたい。ドル円は、日足の転換線、21日線を下回り基準線も下回って引けてくるといよいよロングの振り落としゲームスタンバイとなりそうだ。今のところはっきりしてることは、110.09が当面目先の高値になった可能性が高いということ。そしてクロス円も予想以上に下げ幅を拡大してきており円買いの力が一時的ではあるが加速する可能性があり米国側のドル高対応が明確になってくればドル円も105円くらいの調整下げでは納まらない可能性も十分あるだろう。


本日の相場を動かすネタ カリスマブロガー予想は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング | ポンド円予想サイト | FX デイトレ派日記 |


[ 2014/10/12 00:19 ] 為替・経済 | TB(0) | CM(0)

雇用統計相場が終われば再び・・・・

ドル円は、10月に入り110円台を見てから早々と108円まで下落する動きとなった。昨日の雇用統計では、非農業部門雇用者数が+24.8万人と市場予想の+21.5万人を上回った。前月分も+14.2万人から+18万人に上方修正され失業率は5.9%まで低下と再びドル買いとなった。引けもドル円109.70台、ユーロドル1.25前半とまだ十分にドル買い相場を織り込んでいないようだがFOMCあたりまでには、ドル相場に変化も出てくるとみている。一方円相場は、日経株価や米株の変化そして国内からも行き過ぎた円安批判で週明けの日銀会合で現状維持となれば110円以上の円安は抵抗がありクロス円も上値が重いことから来年に向けた円売り準備期間としばらくは調整期間となるだろう。来週は、大型台風も接近しており東京市場での取引も金曜日のような東京での動きは厳しいだろう。逆にドル円を買った連中は、台風に備え手仕舞う連中も出てくるでろう。ユーロは、ECB理事会ではサプライズ無く理事会後は、1.27付近まで戻してることから1.25~1.24付近からは、ユーロ売りの調整相場となると見ている。最終的にドル買い相場に一端の調整が加わればドル円、ユーロドル共に深めな調整相場がやってくるだろう。エリオット波動的には、ドル円は先に100円割れをみて上昇とみていたがこの時期に既に110円をつけており来年以降上昇するには準備期間が必要となりこれまでもコメントしてきたように振り落とし相場終了後本格的な円売り相場がやってくると見ている。


本日の相場を動かすネタ カリスマブロガー予想は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング | ポンド円予想サイト | FX デイトレ派日記 |


[ 2014/10/04 11:56 ] 為替・経済 | TB(0) | CM(3)