米ドル高継続か?3月序盤のユーロ円、ポンド円戦略

今週は、月末の週でもあったがギリシャ懸念くすぶる中、イエレン議長証言が注目イベントとなった。ハト派よりの発言でドル売りに傾くも米国サイドからのドル高容認とも思われる発言や米・好指標が続き終盤は、ドル高相場へと一転した。さて3月に入り序盤は、イベントの週になり今回は、久しぶりに豪・BOE・ECB政策金利が続き米・雇用統計が締めとなる流れになる。もちろん各国重要指標も控えており特に豪・政策金利、GDP、小売売り上げと続く豪ドルにも注目が集まりそうだ。本日は、ユーロ円とポンド円の戦略とし明日ドル円、ユーロドル、注目通貨豪ドル円を紹介したい。

ユーロ円は、月末がらみでのユーロ買いも想定していたがまったくのはずれで欧州序盤もほとんど出ていなかった状況だった。ただ戦略は、136円台戻り高値からの売り戦略で週明けギリシャ合意で133.50から切り替えした相場も結局高値136円を越えきれず徐々に高値を切り下げ昨日は、133.44まで下落する展開となった。3月序盤は、ECB理事会もありユーロ売りはもう少し続きそうだ。ギリシャ懸念で下押しした133.50後の戻り高値135.90、135.60、135.36と高値を切り下げて下落しており133.50がしっかり割れてこない場合は小反発も想定し対応したい。135ミドルまで戻さない限り130円をターゲットにして下落先行と見ている。ただ135円台にしっかり乗せてきたら再び133.50~136ミドルレンジとなりそうだ。注目は、この後紹介するがポンド円が戻りを更に試しており2つの通貨が同一方向になっておらず年末年始に良く見られる動きが未だに続いておりそろそろ同じ方向に向かいだすタイミングの時期に注目したい。ポンド円が横ばいで移行しユーロ円が下落も130円割れから反発転換で上昇開始となるのかポンド円も反転下落となり欧州通貨下落相場が継続するか、要するに欧州通貨が同一方向に向かいだしたら暫くはトレンドが続くことも頭に入れておきたい。

ポンド円は、更に戻りを試す展開の週となった。ただ高値185円とこれまでの戻り高値から100ポイントほどのブレイクで週明けから更に続伸できるかに注目したい。ポンドドルが日足で一目の雲を一時ブレイクしたが押し戻されて失速となっており3月は、しっかり上昇開始となるかに注目したい。ポンド円は、ポンドドルの1.71台からの下落で下へ引っ張られたためドル円が動かない今はポンドドル次第になりそうだ。戦略は、戻り売り継続だが今週は、イベントも多く185円台にしっかり乗せてくるようなら一旦様子見ながらユーロ下落時にポンドも下落する動きになるならポンドも頭打ちになると見て仕掛けていきたい。ファンダメンタルズでは英・利上げ期待が再び高まってきているので月末のフィキシングでもポンド買いが出ていた。今後フローがらみでの動きでもポンド買いがでる可能性があり欧州序盤などはポンッと吹き上がる動きには注意しその動きを利用した短期売買も戦略の一つになるだろう。終われば通常相場なのでトレンドは続かないので注意。


開発者「かわせりぐい」も  Ask「かわせりぐい」インジケーターをリアルに使ってます!

そして  Askは究極のポイントを教えてくれます!



本日の相場を動かすネタ カリスマブロガー予想は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


| ポンド円予想サイト | 長期戦略サイト | FX注目記事 | おすすめ口座(MT4) |


5年以上の長期期間配信トレーダーを続けられたその原点が Ask「かわせりぐい」インジケーターにある。

究極のポイントを教えてくれる!「かわせりぐい」のインジケーター!仕事帰りでもしっかりトレードできる!
Ask ver1.0 by 「かわせりぐい」
Ask ver1.0 by 「かわせりぐい」 | fx-on.com
(インジケーターを使った売買トレード履歴や5年間の配信トレード収益グラフも掲載しております。)
[ 2015/02/28 14:05 ] 中長期戦略 | TB(0) | CM(0)

今月も陰線引けか?

ユーロドルは、自国懸念では下げ渋るも米ドルの材料で暫くサポートしていた1.1250~60をあっさり割れこみ昨日は、1.1180台まで下落した。要するにドル買いでサポートをブレイクしたのだ。月末要因でのユーロ買いもさほど出ず本日が本日最終日で月足では、1.1350付近まで持ち直さなければ陰線引けとなり来月は、今年安値も割れていく展開も想定していきたい。ただピークは近ずいていることは確かで今年安値を大きく割れていく可能性は少ないのではないかと見ている。



開発者「かわせりぐい」も  Ask「かわせりぐい」インジケーターをリアルに使ってます!

そして  Askは究極のポイントを教えてくれます!



本日の相場を動かすネタ カリスマブロガー予想は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


| ポンド円予想サイト | 長期戦略サイト | FX注目記事 | おすすめ口座(MT4) |


5年以上の長期期間配信トレーダーを続けられたその原点が Ask「かわせりぐい」インジケーターにある。

究極のポイントを教えてくれる!「かわせりぐい」のインジケーター!仕事帰りでもしっかりトレードできる!
Ask ver1.0 by 「かわせりぐい」
Ask ver1.0 by 「かわせりぐい」 | fx-on.com
(インジケーターを使った売買トレード履歴や5年間の配信トレード収益グラフも掲載しております。)
[ 2015/02/27 12:31 ] 為替・経済 | TB(0) | CM(0)

ドル売りもレンジから抜け出せず。残り3営業日に注目。

注目のイエレンFRB議長、上院の銀行委員会で半期に1度の証言にだったがハト派的な内容になった。発表まえからドル買いが先行した相場は、一転しドル円は119円割れで引ける動きとなった。市場の意見はハト派的になる予想が多かったが強気なタカ派期待が証言前に強まり波乱相場になってしまった。ただユーロドルは、一旦底を付けてからの戻りが1.150付近でこの高値から徐々に上値を切り下げて1.1450、1.1420と昨日は、ドル売りになっても1.140台にも届かない動きになってきている。下は、1.1250ラインがサポートされておりそろそろどちらかに抜け出仕切れないと参加者も減ってくる恐れも出てくるだろう。上は、一時的なドル売りでは上抜け出来ない状況になってきておりサイド下へトライする可能性が高まっているものの月足では、現段階ではかろうじて陽線になっており残り3営業日に注目が集まりそうだ。ドル円は、120~118のレンジ移行が続いているが昨日の120円手前での失速から再び重さを感じた動きから次は、下サイドへ流れが変化しても不思議ではないだろう。ひき続き本日も証言はあるので注意したいが本日は、イエレンさんの後にドラギ総裁の証言があり深夜のユーロ相場に注目したい。




開発者「かわせりぐい」も  Ask「かわせりぐい」インジケーターをリアルに使ってます!

そして  Askは究極のポイントを教えてくれます!



本日の相場を動かすネタ カリスマブロガー予想は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


| ポンド円予想サイト | 長期戦略サイト | FX注目記事 | おすすめ口座(MT4) |


5年以上の長期期間配信トレーダーを続けられたその原点が Ask「かわせりぐい」インジケーターにある。

究極のポイントを教えてくれる!「かわせりぐい」のインジケーター!仕事帰りでもしっかりトレードできる!
Ask ver1.0 by 「かわせりぐい」
Ask ver1.0 by 「かわせりぐい」 | fx-on.com
(インジケーターを使った売買トレード履歴や5年間の配信トレード収益グラフも掲載しております。)
[ 2015/02/25 13:56 ] 為替・経済 | TB(0) | CM(0)

イエレン議長の証言で月末相場を見る。米・雇用以外の指標は低迷となる中、注目通貨は・・・・

もちろん開発者「かわせりぐい」も  Ask「かわせりぐい」インジケーターをリアルに使ってます!

さて早いもので2月月末の週がやってくる。今月は、前半戦のクロス円に注目したがやはり一旦底打ちから戻りを試す展開になった。そして折り返しの今週は、ポンド円やユーロ円はやや頭打ちして週末こそ下落再開となりかけたが現状は、戻り高値をキープして月末を迎えることとなった。では一つ一つ今後の戦略を見直していきたい。気になる通過は、最後にするとしてますは先週からの状況を確認しながら今後の戦略としていきたい。各チャートアップは、申し訳ありませんが今回時間の都合で出来ませんでしたが各通貨大きな変化が見られておらずこれまでのチャートアップを参照しながら今回の戦略を見ていただきたい。(カテゴリの中長期戦略で全て参照できます)

まずは、ポンド円だが戻り184円台から今のところは頭が重くなってきておりこれまでどおり戻りは売っていく戦略でOKとみている。今週は、日足の雲のねじれで乱高下したが未だに185円台をみておらず183円後半~184円台で複数売ってみたが良い感じで利益が取れている。売ったポイントは、日銀会合後この日は、英・失業率も控えていたためブログ記事でも書いていたようにじっくり待って売りを仕掛けてみた。結果週末には、182円割れもあり一部は利食いもできた。ファンダメンタル的には、インフレ報告でややタカ派よりな姿勢から再び利上げ期待が高まっておりこのあたりに注目しながら5月の英国選挙に標準をあわせていきたいところだ。ポンド買いが強まるようだと一旦は、様子見となりそうだ。それとユーロポンドでの下落がきつくなってきておりいつもであれば年末年始で乱高下収まる動きも未だに続いており一旦は反発する動きも想定しておきたい。そうなればポンドは、売られる通貨になるわけでポンドドルも1.71台からの下落で一気に反転も一旦は、抑えられる動きとなるだろう。こうした面からポンド円は、もう暫く売り目線で挑みたいと思う。

次は、ユーロ円だがこの通貨は、ギリシャ懸念もあり150円手前から下落後戻り137円手前と非常に戻りが鈍く注目していた137円台に乗せきれずに移行しておりひき続き戻り売りだが今週は135円後半136円にかけて売りを仕掛けみた。結果134円割れもあったがギリシャ合意は週末厳しいと見ていたため134円台では利食いえず反発してきた134円台で一部閉じるのが精一杯だった。今週は、月末要因でのユーロ買いも出そうで無りをせずに残りのポジションをキープしたまま様子見となりそうだ。ただ130円割れはいずれにしてもあるとみている。ユーロドルは、1.1250~1.1450レンジとなってきておりギリシャ懸念後退だけでは大きく買い戻し相場にもならない状況になってきている。ただ24日、25日にイエレンFRB議長の米上院銀行委員会で金融政策についての証言が控えておりFOMC議事録でのハト派よりの発言となれば一気に1.150をブレイクする可能性もありそうだ。この通貨は、1.1250~1.1450このレンジをまず抜けるまでは、レンジ売買をしていた方が無難とみている。個人的には、ギリシャでズドンと下落後買いを入れて見たいと思っていたがそのような動きも無く残念。

ドル円は、一段レンジが上がっただけで再び120~118のレンジになってきている。ただ先日日銀緩和反対派のコメントを打ち消すような状況とはなっておらず黒田総裁会見では現状では、追加緩和の必要性無しも響き円売りはやや後退ぎみになってきている。支えられているのは、日本株高や下げれば本格的な長期の買いも控えており専門家同士では、118円割れに抵抗が出来ているが割れても115円台までの声が多いとのことであまり参考にはならないが個人的には、121円台をつけてこない限り引き付けての売りを仕掛けて行きたいと思う。今週は、日経株価リーマンショック前の水準まで値を伸ばしたがドル円が120円付けてきていないことも上値不安材料にもなるとみている。この通貨もイエレン議長の発言に注目となりそうだ。週明けからは、ギリシャ懸念後退のリスクオンなのかイエレン議長発言の警戒でのドル売りになるのか注目したい。

ここからは、気になる通過としたい。やはり豪ドル円だろう。今週は93.50~89でのレンジ売買を推薦していたがレジスタンスからの売りしかけも一旦手仕舞う形をとったとたんに豪格下げ報道があり92円前半まで急落した。ただ下落した当日NYから持ち直したため買いを入れておいた。今週は、クローズにかけて93ミドル引けとなってきておりこの通貨は豪ドルドルのドル売りが強まればもう一段の上昇が見込める可能性がありそうだ。買い遅れてもまだチャンスはありそうで今年もう一度利下げが予想されており利下げが行われたときの下押し時が当面の底になる可能性があり前回同様買い場になりそうだ。ファンダメンタルズ的には、豪・中銀自国通貨高けん制、利下げなどで豪ドル売りなのだが暫くは、戻りを試す展開になる可能性が強く、戻りきったポイントから売り場を探しても十分間に合うのではないかと見ている。他の通貨よりも動きも鈍くゆっくりとした通貨だがアジア時間帯とNY時間帯で方向を決めてくるので特に明け方の動きも要チェックしておきたい通貨だ。豪ドル円の戻り高値最大で一旦は96円付近と見ている。下は当面89円と見ているが割れると88~85あたりまで下げそうだが、徐々に支えられながら100円方向の道のりを歩んでいくシナリオだと見ている。


本日の相場を動かすネタ カリスマブロガー予想は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


| ポンド円予想サイト | 長期戦略サイト | FX注目記事 | おすすめ口座(MT4) |


5年以上の長期期間配信トレーダーを続けられたその原点が Ask「かわせりぐい」インジケーターにある。

究極のポイントを教えてくれる!「かわせりぐい」のインジケーター!仕事帰りでもしっかりトレードできる!
Ask ver1.0 by 「かわせりぐい」
Ask ver1.0 by 「かわせりぐい」 | fx-on.com
(インジケーターを使った売買トレード履歴や5年間の配信トレード収益グラフも掲載しております。)
[ 2015/02/22 12:23 ] 中長期戦略 | TB(0) | CM(0)

ギリシャ合意、不安は残るも次なる材料で月末も安定しない相場か!そして気になる通貨は・・・

5年以上の長期期間配信トレーダーを続けられた

その原点が Ask「かわせりぐい」インジケーターにある。 Askは究極のポイントを教えてくれます

究極のポイントを教えてくれる!「かわせりぐい」のインジケーター!仕事帰りでもしっかりトレードできる!
Ask ver1.0 by 「かわせりぐい」
Ask ver1.0 by 「かわせりぐい」 | fx-on.com

インジケーターを使った売買トレード履歴や5年間の配信トレード収益グラフも掲載しております。

昨日は、先週不発に終わったジブリも流石ジブリの法則となった。欧州時間帯からギリシャ、ギリシャの文字のヘッドラインばかりでNYでは、日米株も下落となった。NY午後もユーロ財務会合が遅れるなど波乱が続いたが当局関係者から前向きな発言もでて売った連中も一旦買戻しが始まった。結果最終的には、合意となり日米株や為替も行って来い相場となりギリシャもまだ課題は残されてるもののとりあえずは一安心。ただ週末もゴタゴタあるとのことで週明けオープニングは、どうなるか?引けにかけてはムーディーズがロシアをジャンク級に格下げを行ったりでユーロドルは1.13台へ押し戻されておりギリシャ懸念後退でもこのまま頭の重い展開になりそうな状況にもなってきている。来週は、イエレンFRB議長の米上院銀行委員会で金融政策について証言が控えておりメインは、これだけにしてほしいところだ。

明日来週、気になる通貨をチャートを見ながら戦略を立ててみたいと思う。

もちろん私も  Ask「かわせりぐい」インジケーターをリアルに使ってます!


本日の相場を動かすネタ カリスマブロガー予想は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


| ポンド円予想サイト | 長期戦略サイト | FX注目記事 | おすすめ口座(MT4) |



[ 2015/02/21 16:18 ] 為替・経済 | TB(0) | CM(0)

Ask「かわせりぐい」インジケーターをリアルに使ってます

5年以上の長期期間配信トレーダーを続けられた

その原点が Ask「かわせりぐい」インジケーターにある。 Askは究極のポイントを教えてくれます

究極のポイントを教えてくれる!「かわせりぐい」のインジケーター!仕事帰りでもしっかりトレードできる!
Ask ver1.0 by 「かわせりぐい」
Ask ver1.0 by 「かわせりぐい」 | fx-on.com

(インジケーターを使った売買トレード履歴や5年間の配信トレード収益グラフも掲載しております。)

15-5-11記事から

これまでドル円では、15分足、1時間足、全通貨対応で1時間足でのインジケーターでしたが

全通貨対応の中長期4時間足を追加したことで相場の方向性や中長期でのトレードもわかりやすくなりました。

これで一つのインジケーターでさまざまなトレードが可能になり相場の方向性が明確に判るようになりました。

よって結果的には無意味なポジションだったというようなトレードがなくなります。

価格も皆様にAskインジケーターをご理解して頂けるまでは、据え置きの価格にしております。


こちらの商品には、

Ask解説マニュアル(各市場での値動きの解説を含む)

攻略 極め(インジケータを使ってのトレード方法)

ご購入された方専用コミュニティー(相場のポイント解説や質問等などお答えすします)

など全てが含まれております。


新たなバージョンアップをしてから連日サインが点灯しました。

現段階では、2つの法則をでの売買サインとなっておりますが市場稼働日20日満たない状況でシグナルが15回ほど点灯しました。そのうち法則が崩れてストップアウトとなったケースはなく微損や建値で終わっております。

法則は、当日NYクローズに限っては、大イベントや突発的な相場以外を除いて95%以上の確立で的中しますのでAskは、この動きを見逃さないインジケーターなのです。

そして私も短期売買専用としてAskでトレードしております。

明確に出たサインとサイン点灯時からの短期トレード履歴をです。

販売ページでは、サイン点灯以外にもインジを使ったトレード履歴も紹介しております。


2月11日サイン点灯

(画像チャートでは、システム表示ははずしており売買サインのみ表示して紹介してます。)

2月11日サイン点灯時のリアル売買トレード履歴
サイン点灯する前からお知らせアラームなどで戦略は押し目買い戦略が確定しており後は、サイン待ちとなってました。ただ上は、120円の節目でブレイクとなるのかやや不安げな心理を持ちながら待機でまずは押し目を探りつつスキャルで利益を積み上げて一服したいところから一気に120円をブレイクとなり結局押し目というより順張りとなりましたが追加買いもうまくできて法則にもとずいて一つは、利食いし後は、更なる利益を伸ばすもう一つの法則期待となりました。この間しっかりとしたサインも点灯し時間足での強さも確認し深夜は就寝となりますが一部利食いしたポイントをブレイクした場合はアラームが連発するようなシステムになっており早朝に目覚まし代わりのアラームがなり東京を待たずに利食いとなりました。結果NY一部利食いしたポイントとさほど変わりませんでしたがそのまま保有していれば建値決済となっていたようです。

短期売買の重要さをAskインジケーターは教えてくれました。

トータルで+100pipsオーバー(+89,100円)となりました。

収益は、各トレーダー様で枚数も異なりますが個人的にはここ一番では枚数大きめにして取り組んでいます。



バージョンアップしてからの明確に出たサイン例です。
2月9日サイン点灯
2月4日サイン点灯
2月2日サイン点灯
1月30日サイン点灯
1月29日サイン点灯
1月28日サイン点灯
1月26日サイン点灯
1月23日サイン点灯
1月22日サイン点灯
1月20日サイン点灯


こちらは、中長期トレードをメインとした配信履歴ですが インジケーターでの短期売買(15分足、時間足)を拡大したトレードのようなもので日足、4時間足、週足を利用したものになります。中長期は、厳しい時期もありましたが結果中長期用の法則を利用して右肩上がりに収益を伸ばせました。要するに原点は、短期売買のインジケーターに秘められているのです。



2009/6~2014/6までの5年間SIGで配信した成績収益グラフです。
SIGでは、枚数設定がありませんでしたので1単位となりますが、
仮に10枚でトレードでしたら+200,000pipsオーバーとなります。


3/10記事から
Askインジケーターチャートでユーロドル取引

Askインジケーターユーロドル1時間足チャート


ブログでも1.1250~1.1450レンジでの移行を紹介してきたが2月後半から下へブレイクとなった。よって今年最安値だった1.1100ターゲットを狙いに行く展開となった。インジケーターチャートを見ても戻り1.1245から戻しては売りサイン指示が連発しターゲットをブレイクする展開となった。ここでブレイク後からのユーロメインの取引を紹介したい。



ユーロドルが短期レンジ割れてからの取引となります。

取引時間帯を見ても夕方から深夜に集中しており短時間で勝負してポジションを閉じておけば次の展開で対応も出来る状況だ。今回は、26日大きく下落した後からのインジケーターを使って取引した履歴になるので方向はもちろん下ではあるものの理事会などを控えた相場だったため売り回転を使用した短期取引をおこなった。3月5日ECB理事会ここで初めてユーロドルを買ってみたが上ヒゲとなり再び売り継続となった。


究極のポイントを教えてくれる!「かわせりぐい」のインジケーター!仕事帰りでもしっかりトレードできる!
Ask ver1.0 by 「かわせりぐい」
Ask ver1.0 by 「かわせりぐい」 | fx-on.com



本日の相場を動かすネタ カリスマブロガー予想は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


| ポンド円予想サイト | 長期戦略サイト | FX注目記事 | おすすめ口座(MT4) |

[ 2015/02/21 15:37 ] Ask インジケーター | TB(0) | CM(0)

ターゲット達成感からの値崩れに注意か?

5年以上の長期期間配信トレーダーを続けられた

その原点が Ask「かわせりぐい」インジケーターにある。 Askは究極のポイントを教えてくれます

究極のポイントを教えてくれる!「かわせりぐい」のインジケーター!仕事帰りでもしっかりトレードできる!
Ask ver1.0 by 「かわせりぐい」
Ask ver1.0 by 「かわせりぐい」 | fx-on.com

インジケーターを使った売買トレード履歴や5年間の配信トレード収益グラフも掲載しております。

日経平均は、リーマンショック前の水準まで値を伸ばしターゲットとなるポイントまでここ数日で駆け込み的な買いで一安心というところであろう。一方ドル円は、2007年の124円に到達できず120円すら乗せてこれない状況になってきている。日銀サイドのサプライズコメントが無かったら昨年の高値121円台をつけていた可能性が考えられることからやはり当局サイドで意識した報道をやった可能性がある。とはいうものの相場は、勢いついた時には関係なく120円ブレイクはありと見て今後も取り組んでいきたい。本日は、ひき続きギリシャがらみでの相場が予想される。投資家が離れつつある米株と共に日経株価もターゲット達成感からの急落にも注意したい週末となりそうだ。

本日もジブリが放送されるが果たして・・・・



本日の相場を動かすネタ カリスマブロガー予想は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


| ポンド円予想サイト | 長期戦略サイト | FX注目記事 | おすすめ口座(MT4) |



[ 2015/02/20 15:15 ] 為替・経済 | TB(0) | CM(0)

日銀ぶれない政策維持も円売り続かず。FRBは、ドル高容認となれば今年利上げ?

5年以上の長期期間配信トレーダーを続けられた

その原点が Ask「かわせりぐい」インジケーターにある。 Askは究極のポイントを教えてくれます

究極のポイントを教えてくれる!「かわせりぐい」のインジケーター!仕事帰りでもしっかりトレードできる!
Ask ver1.0 by 「かわせりぐい」
Ask ver1.0 by 「かわせりぐい」 | fx-on.com

インジケーターを使った売買トレード履歴や5年間の配信トレード収益グラフも掲載しております。

日銀会合では、現状維持で黒田総裁の会見では、ぶれないコメントも一時的に円売りが進む程度に終わった。円安も政府が思い切った政策を出してこないため日銀もここからは円安にしても意味の無い状況と判断してる可能性もある。したがって株は、上昇OKも為替は、今後の政府次第になってきそうだ。前回の緩和反対派のコメントも万が一アベノミクスという文字が消え去ったときのことも考えて逃げ道だけは確保しておきたい部分もあたかもしれない。一方FOMC議事録では、市場の想定以上にタカ派色の薄い内容となりドル売りで大きく反応した。公の場でようやくドル高懸念が明確にでて利上げをすればもう一段のドル高が予想されることからこの部分が解消されないと利上げの第一歩は踏めないだろう。もちろんドル高を容認すれば丸く収まるがあくまでも正常化という文字の利上げにすぎないだろう。一部のファンドや大口投資家は、米株からの撤退をしているようで米国のプチ的なクライマックスは今年こそありそうだ。
前回の記事で豪ドル円のレンジ売買と推薦したが日本郵政グループによるオーストラリアの物流大手トール・ホールディングスの買収報道で豪ドル円に買いが入っているようでまだ93ミドルをブレイクしていないがレジスタンスからの売りは様子見した方がよさそうだ。私も昨日下げたところで売りは手仕舞っておいた。前回のサプライズ利下げ後に年金の買いが入っていた噂もこうしたニュースが事前に伝わっていたかもしれない。下げたら拾う戦略は続行したいと思う。豪ドルドルが昨日のFOMC議事録でドル売りに傾きだしてきたら豪ドル円の上昇に弾みがでそうだ。本日東京でも全体的にドル売りで動いているみたいだ。


本日の相場を動かすネタ カリスマブロガー予想は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


| ポンド円予想サイト | 長期戦略サイト | FX注目記事 | おすすめ口座(MT4) |



[ 2015/02/19 11:08 ] 為替・経済 | TB(0) | CM(0)

各通貨材料待ち待機も戦略の一つ

5年以上の長期期間配信トレーダーを続けられた

その原点が Ask「かわせりぐい」インジケーターにある。 Askは究極のポイントを教えてくれます

究極のポイントを教えてくれる!「かわせりぐい」のインジケーター!仕事帰りでもしっかりトレードできる!
Ask ver1.0 by 「かわせりぐい」
Ask ver1.0 by 「かわせりぐい」 | fx-on.com

インジケーターを使った売買トレード履歴や5年間の配信トレード収益グラフも掲載しております。

週明けは、円買いスタートとなった。日・GDPでは、下方修正となりこれもドル円の上値を重くする材料になった。昨日は、NY休場だったが海外時間帯では、ユーロ圏財務相会合に注目が集まりヘッドライン待ち相場もギリシャ救済協議が物別れに終わり東京の序盤までは、ユーロを中心としたリスクオフ相場となった。ギリシャ問題は、このまま期限ギリギりの展開なると想定しておいてもよさそうだ。ただ現段階でユーロを大きく売り込む材料まではいたらずNY勢の週明け参入時に注目したい。どの通貨もやりにくくなってきてはいるが円相場では、明日の会合待ち。ユーロは、ギリシャ進展待ち。と振り分けて待つのも戦略のひとつだろう。豪ドル円などでレンジ売買するのも良いかもしれない。93.50~89での移行が続いており下押したら拾って93円手前で利食い。即ドテンし下げたら利食いと無理に引っ張らず50~100ポイント狙いで。


本日の相場を動かすネタ カリスマブロガー予想は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


| ポンド円予想サイト | 長期戦略サイト | FX注目記事 | おすすめ口座(MT4) |





[ 2015/02/17 14:44 ] 為替・経済 | TB(0) | CM(0)

騙しで終わるか?日・イベントの週で海外勢が再び円売り仕掛けるか?ドル円、ユーロ円戦略

5年以上の長期期間配信トレーダーを続けられた

その原点が Ask「かわせりぐい」インジケーターにある。 Askは究極のポイントを教えてくれます

究極のポイントを教えてくれる!「かわせりぐい」のインジケーター!仕事帰りでもしっかりトレードできる!
Ask ver1.0 by 「かわせりぐい」
Ask ver1.0 by 「かわせりぐい」 | fx-on.com

米・雇用統計後120.50付近まで上昇したが日銀会合前に関係者からの追加緩和逆効果のアナウンスでようやく狭いレンジから上へ抜け出したかのような動きになってきたが結果的には押し戻され118円台でクローズとなった。月曜日から日・GDP、日銀会合と控えているが日足では、一目の雲が薄くなりクロスする状況になる。遅行線も抵抗線をブレイクしたものの一目の雲に入り込むような動きになると明確に上値トライ失敗となるだろう。そしてドル円は、円相場だけでなくドル相場でも動く可能性もあるだろう。先週発表の米・小売売り上げ下方修正や週末のミシガン大学消費者信頼指数も大きく下方修正となった。今年は、米国利上げが織り込まれてるだけにFOMCにはいつも以上に注目が集まりそうだ。


訂正お詫び   昨日のブログ記事では、ドル円週足では転換線を抜け切れずに終わった。と書いたが転換線は今週終わりでは、下向きになっており先週は118.80付近だったが118.10~20付へ移行しており転換線よりも上で引けておりました。申し訳ありません。

ドル円日足チャート



ドル円週足チャート


個人的には、米株もこのまま続伸は見込めない予想をしており日経株価も18000円台をしっかり続伸していくようなイメージではなくドル円も既に第1ステージは終了(70円台からの円安トレンド)しており120円台では121円バックに売りを入れていきたいと思う。ただ121円台に乗せてきたら124円までの続伸も予想されるがここはお腹いっぱいになるポイントと見ている。最終的には、110円割れや深ければ100円の攻防を一度見てからの第2ステージに備えて戦略を立てていきたいと思う。こうした中長期戦略も利益が出るまでには時間がかかる場合があり外してしまう可能性もある。

Ask「かわせりぐい」インジケーターでは、短期の売買で大きく含み損を抱えることなく日々利益を上げることができる。今回さまざまな機能を追加してシステムバージョンアップとなったがその成果を日々皆さんにも伝えていきたいと思っている。

ユーロ円週足チャート



ユーロ円月足チャート


ユーロ円は、ポンド円と比べても戻りが鈍く現段階では、ギリシャ問題解決とならない限りユーロドルがドル売りで戻しても上値は重い状況が続くとみている戻りは最大で140円付近と見ているが今週は、円、ユーロでも動くと見ているので後は、売り場探しで戦略を立てつつターゲットは、130円割れを想定している。とりあえず現段階ではユーロを買う材料がないということだけは間違いないようだ。



本日の相場を動かすネタ カリスマブロガー予想は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


| ポンド円予想サイト | 長期戦略サイト | FX注目記事 | おすすめ口座(MT4) |





[ 2015/02/15 22:55 ] 中長期戦略 | TB(0) | CM(0)

ポンド円は、そろそろか?中期戦略

5年以上の長期期間配信トレーダーを続けられた

その原点が Ask「かわせりぐい」インジケーターにある。 Askは究極のポイントを教えてくれます

究極のポイントを教えてくれる!「かわせりぐい」のインジケーター!仕事帰りでもしっかりトレードできる!
Ask ver1.0 by 「かわせりぐい」
Ask ver1.0 by 「かわせりぐい」 | fx-on.com

ポンド円は、2月に入り正念場を凌ぎ200日線をサポートし戻りを試す展開となった。このあたりは前回検証したとおり想定内の戻りの範囲内で収まっており注目の英・インフレ報告では、利上げ派がいないもののややタカ派的な内容だったため高値を維持して移行する展開となっている。今回は、利上げ期待が強まったというよりも期待はずれのポンド買戻しやユーロポンドでのチャートが崩れたこともありこの辺りでのポンド買いだったのだろう。さて日足と月足のチャートを見ながら検証してみたいと思う。

ポンド円日足チャート


遅行線の雲の上限ブレイクも転換線に抵抗され再び雲の中へ失速し実線チャートも現段階では、2度184円をつけるも続伸できずに終わっている。来週は、雲のねじれもありこの辺りでは、乱高下も想定しておきたいので噴いたポイントでは、売りを入れていきたいと思う。
ポンド円日足チャート前回2/7記事から



ポンド円月足チャート


月足では、一目の雲上限が下向きであることは変わらず下落を期待した戦略で行きたいが2月の終値が185円以下で抑えられるかに注目し抜けて来るようなら一旦売りポジションは、撤退して様子見を見ながら遅行線の動きを見極めたいと思う。ギリシャがらみでの波乱もあるが英国EU離脱シナリオも顕在しておりそうなれば相場を動かすメイン通貨に一転するだろう。



本日の相場を動かすネタ カリスマブロガー予想は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


| ポンド円予想サイト | 長期戦略サイト | FX注目記事 | おすすめ口座(MT4) |


[ 2015/02/15 12:21 ] 中長期戦略 | TB(0) | CM(0)

2月後半がスタート!クロス円の行方は?

5年以上の長期期間配信トレーダーを続けられた

その原点が Ask「かわせりぐい」インジケーターにある。 Askは究極のポイントを教えてくれます

究極のポイントを教えてくれる!「かわせりぐい」のインジケーター!仕事帰りでもしっかりトレードできる!
Ask ver1.0 by 「かわせりぐい」
Ask ver1.0 by 「かわせりぐい」 | fx-on.com

ドル円は、118.70台で週を引けた。今週は、雇用統計から上値を試す展開となりここ数ヶ月のジンクスを見事に覆す展開となったが最終的には、週足で転換線を上抜けできずに終わった。一方クロス円では、ポンド円が184円台、ユーロ円が137円円手前と戻しを試した週となり2月の前半戦は、正念場を回避し反発に転じた。日銀緩和反対派のサプライズ報道のなか来週は、国内では日・GDPや日銀会合が控えており円相場ではサプライズ報道をかき消す展開となるかに注目したい。日経株価も先物では、18000円台に乗せてきており2月後半は見逃せない円相場となりそうだ。外部環境では、ギリシャがメインとなりそうで週明け早々から注目ネタとされるだろう。

明日ドル円、クロス円の2月後半からの戦略をアップしたいと思う。


本日の相場を動かすネタ カリスマブロガー予想は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


| ポンド円予想サイト | 長期戦略サイト | FX注目記事 | おすすめ口座(MT4) |

[ 2015/02/14 14:43 ] 為替・経済 | TB(0) | CM(0)