FC2ブログ






徐々に下押し幅も大きくなってきた。日銀会合で相場に変化がでるのか。行くとこまで行った後のドル円は強烈な売りを浴びるのか!

円相場 転換は既に始まっている 上昇トレンドの波に乗れ

先週は、自国政府の発言で乱高下し結果的には、90円をつけたドル円だが90.20からの売りが強く金曜日は早朝から90円の攻防戦が続いたが上値を伸ばすことができなかった。既に来週の日銀会合での政策は織り込んでおりサプライズ無しでは90.75のオプションは潰しきれないだろう。動きとしては、徐々に下押し幅も大きくなってきておりこのまま上値試しも苦しい状態になってきていると見ている。今年は、新政権の行動よりも日銀の政策次第でドル円が左右されそうだ。ただ相場は、行くとこまで行けば必ず一旦終わりがあるもので円安トレンドでの最終的な大きな下押しがやってくるだろう。長くやってる個人投資家は、この下押しを待ってるのではないかとみている。現時点では、買って長期的に保有するには、不安が残る。まだ早いが長期的な買い場がやってくると見ているがその前に強烈な下押しがやってくるわけでここをうまく取れたものが勝者とみている。不思議なものでリーマンショック時に円買いで稼いだものが現在未だに円買いして大きく負けており次の最終下押し時にはひっくり返してくることは間違いないとみており下押しが大きければ大きいほど次の上昇スピードも早いと見ている。まずは、良くとこまでいったドル円のその後の反動に注目したい。

本日の相場を動かすネタは、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング

FX情報サイト為替ランキング | FX初心者向けアドバイス |

| FXの自動売買に最適の環境 | ポンド円予想サイト |

[ 2013/01/19 21:54 ] 為替・経済 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamii7114.blog54.fc2.com/tb.php/1093-8c972b22