FC2ブログ






ポンド GDP上方修正後の戦略

ポンド通貨は、積極的に売買と言うよりも日ごろフローがらみの取引が多いと思っていてもいいくらいで見ておいたほうがいいだろう。時には、集中した売買も見られるがそのときには、既に話題になっている材料がでている時のみと考える。さて対ドルでは、1.5410台のレジスタンスをブレイクし次なる高値トライとなるがこれがあまり期待してポジションを取れないのが現状で、どうしてもユーロ安相場時にはポンドが大きく上昇する期待ができない。よってユーロドル下落時には、待って下げ止まりからポンドドルを買う程度で良いのではないかと見る。上値は、今週日足の雲の上限まで上昇して終えておりここを突破すると1.56~1.58ゾーンあたりがターゲットとなる。つい先日格下げを食らった国が今度は、GDP上方修正マイナスからプラスになっただけなのであまり期待してのポジションは避けておきたい。ただドル売り相場になった場合は、安定した上昇が見込めるとみる。
対円では、ドル円次第では、上値も期待できるが今週は、新高根更新できず週クローズは、151円台で引けた。よって5月ドル円が調整相場に移行した場合は、150円割れをみたら上昇は期待できないだろう。週足では、最近上下にヒゲをつけて今週は、トンボ線が出現した。こういったときには、相場が反転しやすく上値が154円と考えれば高値をわざわざつかむポジション取りよりも押し目があれば買うくらいでもよさそうだ。ただドル円が早々と上昇を開始しだしたらクロス円ではポンド円の上昇が目立つとみる。まずは、これからの重要指標の数字や政策金利等などでの更なるサプライズがでるかに注目したい。以前GDP上方修正後いよいよ利上げと言うところまできたポンドだったが買いは続か無かった経路も参考にしておきたい。ポンドは、どうしても欧州通貨だけにユーロがよくならないと長期的な保有は、難しそうだが短期デイトレードでは最強通貨ではないかと思う。




本日の相場を動かすネタ カリスマブロガー予想は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング 為替日記|

FX情報サイト為替ランキング | ポンド円予想サイト |


[ 2013/04/28 10:00 ] 為替・経済 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamii7114.blog54.fc2.com/tb.php/1154-c23d087a