FC2ブログ






5月後半 ドル円戦略

G7では、特に円安を直接批判する声は出なかったが金融政策での通貨安を目標としないことで改めてクギをさされたようだ。今週100円を突破したことで日本政府、日銀共に満足感はあるだろうが早々と110円でもつけるようだと顔色も変わって来ると見る。さて102円付近まで上昇したドル円だが100円ミドル下には、大口の買いが既に控えており一旦緩んだ場合は、押し目買いが有効とみる。ただ久しぶりの100円台ということではしゃいだ後は、数年前にさかのぼれば101.50~103付近は、サポートゾーンだっただけに(以前は、日銀が100円割れを阻止するため何度も介入をしていた。)上値を買うには短期としたい。売りは、そういったポイントから戻り売りとなるが最近では、新値となることから金曜日も101.44を簡単に素通りする展開。月足で見ると一目の雲から飛び出しているが今月の引けには雲の中に再度入ってくる可能性もある。よって日足で上ヒゲをつけたときが売りのチャンスかもしれない。月末まであと3週間あるので押し戻される可能性は十分に考えられる。とりあえず100円ブレイクした場合の市場関係者は、105円110円と予想しているが期待は、半分にしておき今後の米国やユーロ圏の出方に注目すべきとみている。ユーロ圏は、いつでも悪材料がでてもおかしくなく今月の政策金利では、利下げも行っている更に次なる緩和策もでてくるだろう。米国は、財政問題もあるが注目は、雇用情勢次第ではこれからの量的緩和策に変化があらわれる。このあたりで先週は、ドル買いに傾いたようだ。まだ決定的ではないので見極めるには早いがいずれ勢いが付く時期がくるだろう。米株も高値更新もすこしやりすぎ感もあり周期やサイクルをみればもう夏までは持たないのではないかとみておりそろそろ前兆がでてもおかしくないだろう。よって円売り相場も単体に考えればまだまだ物足りないかもしれないが他国の金融政策も本格派してきており、しかも日本政府も95円~100円レンジを希望してることから一旦は、目標達成感もでて根っこで買った海外勢の利食いも出やすい水準と考えたい。

ドル円戦略 今月後半まで


100.50~100円 買い
ストップ 99円割れ 短期99.80



102円~103円 売り
ストップ 日足の上ヒゲ確認後の高値

ブレイク後の相場で勢いついても105円程度か
日経平均も来週か再来週には、ピークをつけ利食いに押される展開と見る。


100円ブレイク早々の相場でだましに終わるケースもしかり一時的なドル買いで持ち上げられた分、米日株天井で円買い転換するようだとクロス円が足を引っ張る展開にも注意。既にドルストレートは動き出しておりダメ押しのリスクオフ相場に注意。




本日の相場を動かすネタ カリスマブロガー予想は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング 為替日記 | ポンド円予想サイト | FX デイトレ派日記 |


[ 2013/05/12 10:00 ] 為替・経済 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamii7114.blog54.fc2.com/tb.php/1166-6911426c