FC2ブログ






ポンドの行方 最終的には・・・・・・

ポンドは、カーニー総裁就任後緩和方向への政策を支持。ただ対ドルでは、乱高下している。今年安値1.4800前半まで押し込むもバーナンキ発言でドル売りで持ち直し今週は、議事録でこれまでで緩和派だった連中も据え置きを指示しており一人も緩和派がいなかったのも買い戻しに繋がったようだ。ただ何のためにわざわざ他国から総裁を支持したのだろう。このあたりを追求していくと積極的にポンド買いには、回れないといったところ。現在は、ショートカバーでの上昇に過ぎない状況で一部では、ユーロポンドでのポンド買いを進めているようでこれもポンドドルのショートカバーの原因となっているとみる。さて今後の動きが気になるのだが英国、米国どちらが先に緩和を終了し利上げ方向に走るかというと現段階では明らかに差ができている状況だ。米ドル買い相場は、既に始まっておりこれから更に緩和を継続しようとしている英国だけに1.4800を割れていくシナリオが自然体とみる。一方対円だが今週の動きを見ても分かるように長い目でみれば円売り相場だがどういった経路(チャート)で上を見ざすのかが問題で逆に円安の調整時には大きく下げてくる可能性もある通貨なので短期売買をしながらという戦略もあるがドル円をメインに取引しながらここ一番でのチャンス待ちでいいのかもしれない。今年もう一度大きく崩れる可能性がありそのときは、140円割れてくると見る。



本日の相場を動かすネタ カリスマブロガー予想は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング | ポンド円予想サイト | FX デイトレ派日記 |


[ 2013/07/21 11:27 ] 為替・経済 | TB(0) | CM(1)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/07/23 20:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamii7114.blog54.fc2.com/tb.php/1223-a31ca8c5