FC2ブログ






夏のイベントは、終わり突発的な材料に注目されやすい

米雇用統計では、非農業部門雇用者数が+16.2万人と市場予想の+18.5万人を下回り、前月分も下方修正だった。失業率は前月からわずかに改善し7.4%まで低下した。この内容でドル売りが先行しドル円は大きく下げた。前日からよほど期待した動きが先行していたと見る。ただこれで米国の見方が変わったわけではないので注意しておきたい。さて来週から本格的な夏相場となりそうだ。過去にもこの時期に悪材料が出やすく仕掛けるにはもってこいの相場となる。年末休まずに投資をしていた海外ヘッジファンドもほぼ手仕舞い休暇を取ってるところがほとんどと見る。現時点での懸念材料は、中国のシャドーバンキングの実態、欧州各国懸念、米国アルカイダ系のテロなども最近は警戒されている。なお同時多発テロ規模になれば現在ガチガチの米株を崩すにはもってこいの材料となるため為替相場も瞬間移動となるだろう。資源通貨以外は、ある意味安定してしてる動きで相場急変時に対応できる短期売買で利食いを繰り返しながら取り組んでいきたいところだ。




本日の相場を動かすネタ カリスマブロガー予想は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング | ポンド円予想サイト | FX デイトレ派日記 |


[ 2013/08/03 12:56 ] 為替・経済 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamii7114.blog54.fc2.com/tb.php/1227-8eff6aa6