FC2ブログ






ポンドドル戦略。そして欧州通貨は、踊り場から売られるか!最強から最弱にこける通貨は・・・

これまで最近の英経済好調でポンドが上昇していたがどうも英・中銀もこれ以上のポンド高をけん制を示しておりインフレ問題ではポンド高を容認していたがここからのポンド高は経済に絶えることに不安もありそうだ。対ドルでは、FOMC前にポンド売りを仕掛けていた連中が1.62前半まで売り込んだが英・失業率が好調で買い戻された。その後FOMCでサプライズとなりドル買いも1.64後半まで買いが強まった。ただ上ヒゲをつけて失速。その後は、1.64台をつけることなく下値を探る展開が続いている。個人的には、英国は、利上げを急がない対策を取っていくと見ておりポンドドルに対しては、徐々に下方向にむいていくとみている。要するにポンドドルでは、ドル高相場がようやくやってくると見ている。まだ上値も天井をつけた確認は、できていないがFOMC後の値動きから下方向に押されてきており1.63あるいは、1.62までも割れてくるようだとテクニカル的にも下が確定しそうだ。昨年同様年明けに一気に動き出すパターンも想定しながら年末、年始は値動きを見守りたいと思う。ユーロドルも同様で強い相場が続いているが週末S&PはEUの格下げを発表した。反応はいまいちだったが近いうちに蒸し返す可能性もあり欧州通貨対ドルには現ポイントが売り場になる可能性に注目している。ドル円の積みあがったポジション調整が始まり長引けばポンド円やユーロ円が暫く最弱通貨になることも頭に入れておきたい。



本日の相場を動かすネタ カリスマブロガー予想は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング | ポンド円予想サイト | FX デイトレ派日記 |


[ 2013/12/22 15:18 ] 為替・経済 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamii7114.blog54.fc2.com/tb.php/1251-54b59c97