FC2ブログ






ようやく欧州通貨始動か?

ドル円スイングトレードを期間限定で無料配信中!
詳しくはFXのトレードに悩むあなたへ【SIG】にて

まずは、ユーロ相場だが為替相場ではダントツ取引量が多いユーロドルなのだが複数の国でユーロ通貨が使われ現在のレートで対応できる国がドイツくらいといわれている。したがってECBでは、1.400を超える通貨高いやこのレベルでの通貨高は悲鳴を上げる国がほとんどで今年は、中銀連中の口先介入が非常に目立っている。ただそろそろ口先介入だけでは通貨高を阻止できない状況になってきており今回の理事会では6月の理事会で何らかの緩和策を出す発言がドラギ総裁からでた。今週は、1.36ミドルまで下押ししインパクトはあったが、おそらくユーロ相場は、6月の理事会<で勝負が決まるような動きになるとみている。もともと政策面からしてもドル買いユーロ売りが自然体でようやく高値圏からの下離れが現実となりそうだ。一方正反対に英国は、非常に経済状況は良いがおそらく他国が利上げをしてくるまではやってこないとみている。しかもユーロが下落するとなれば同じ欧州通貨だけに対円や対ドルでは強い動きにはならないだろう。米ファイザーによる、英アストラゼネカ買収の件では買収額が大きいため合意となれば一時的にはポンド買いもありえるが既に市場は、早読みし買いあがってしまいその後は、大きく失速してしまった。いずれにしてもポンドは、昔から値動きも荒く外部環境でも反応も大きいため安定した通貨は望めないだろう。経済指標にしてもそろそろ一旦ピークを迎えるのではないかと思うが。

本日の相場を動かすネタ カリスマブロガー予想は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング | ポンド円予想サイト | FX デイトレ派日記 |





[ 2014/05/18 16:32 ] 為替・経済 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamii7114.blog54.fc2.com/tb.php/1281-052d6f4a