FC2ブログ






Ask「かわせりぐい」インジケーターをリアルに使ってます

5年以上の長期期間配信トレーダーを続けられた

その原点が Ask「かわせりぐい」インジケーターにある。 Askは究極のポイントを教えてくれます

究極のポイントを教えてくれる!「かわせりぐい」のインジケーター!仕事帰りでもしっかりトレードできる!
Ask ver1.0 by 「かわせりぐい」
Ask ver1.0 by 「かわせりぐい」 | fx-on.com

(インジケーターを使った売買トレード履歴や5年間の配信トレード収益グラフも掲載しております。)

15-5-11記事から

これまでドル円では、15分足、1時間足、全通貨対応で1時間足でのインジケーターでしたが

全通貨対応の中長期4時間足を追加したことで相場の方向性や中長期でのトレードもわかりやすくなりました。

これで一つのインジケーターでさまざまなトレードが可能になり相場の方向性が明確に判るようになりました。

よって結果的には無意味なポジションだったというようなトレードがなくなります。

価格も皆様にAskインジケーターをご理解して頂けるまでは、据え置きの価格にしております。


こちらの商品には、

Ask解説マニュアル(各市場での値動きの解説を含む)

攻略 極め(インジケータを使ってのトレード方法)

ご購入された方専用コミュニティー(相場のポイント解説や質問等などお答えすします)

など全てが含まれております。


新たなバージョンアップをしてから連日サインが点灯しました。

現段階では、2つの法則をでの売買サインとなっておりますが市場稼働日20日満たない状況でシグナルが15回ほど点灯しました。そのうち法則が崩れてストップアウトとなったケースはなく微損や建値で終わっております。

法則は、当日NYクローズに限っては、大イベントや突発的な相場以外を除いて95%以上の確立で的中しますのでAskは、この動きを見逃さないインジケーターなのです。

そして私も短期売買専用としてAskでトレードしております。

明確に出たサインとサイン点灯時からの短期トレード履歴をです。

販売ページでは、サイン点灯以外にもインジを使ったトレード履歴も紹介しております。


2月11日サイン点灯

(画像チャートでは、システム表示ははずしており売買サインのみ表示して紹介してます。)

2月11日サイン点灯時のリアル売買トレード履歴
サイン点灯する前からお知らせアラームなどで戦略は押し目買い戦略が確定しており後は、サイン待ちとなってました。ただ上は、120円の節目でブレイクとなるのかやや不安げな心理を持ちながら待機でまずは押し目を探りつつスキャルで利益を積み上げて一服したいところから一気に120円をブレイクとなり結局押し目というより順張りとなりましたが追加買いもうまくできて法則にもとずいて一つは、利食いし後は、更なる利益を伸ばすもう一つの法則期待となりました。この間しっかりとしたサインも点灯し時間足での強さも確認し深夜は就寝となりますが一部利食いしたポイントをブレイクした場合はアラームが連発するようなシステムになっており早朝に目覚まし代わりのアラームがなり東京を待たずに利食いとなりました。結果NY一部利食いしたポイントとさほど変わりませんでしたがそのまま保有していれば建値決済となっていたようです。

短期売買の重要さをAskインジケーターは教えてくれました。

トータルで+100pipsオーバー(+89,100円)となりました。

収益は、各トレーダー様で枚数も異なりますが個人的にはここ一番では枚数大きめにして取り組んでいます。



バージョンアップしてからの明確に出たサイン例です。
2月9日サイン点灯
2月4日サイン点灯
2月2日サイン点灯
1月30日サイン点灯
1月29日サイン点灯
1月28日サイン点灯
1月26日サイン点灯
1月23日サイン点灯
1月22日サイン点灯
1月20日サイン点灯


こちらは、中長期トレードをメインとした配信履歴ですが インジケーターでの短期売買(15分足、時間足)を拡大したトレードのようなもので日足、4時間足、週足を利用したものになります。中長期は、厳しい時期もありましたが結果中長期用の法則を利用して右肩上がりに収益を伸ばせました。要するに原点は、短期売買のインジケーターに秘められているのです。



2009/6~2014/6までの5年間SIGで配信した成績収益グラフです。
SIGでは、枚数設定がありませんでしたので1単位となりますが、
仮に10枚でトレードでしたら+200,000pipsオーバーとなります。


3/10記事から
Askインジケーターチャートでユーロドル取引

Askインジケーターユーロドル1時間足チャート


ブログでも1.1250~1.1450レンジでの移行を紹介してきたが2月後半から下へブレイクとなった。よって今年最安値だった1.1100ターゲットを狙いに行く展開となった。インジケーターチャートを見ても戻り1.1245から戻しては売りサイン指示が連発しターゲットをブレイクする展開となった。ここでブレイク後からのユーロメインの取引を紹介したい。



ユーロドルが短期レンジ割れてからの取引となります。

取引時間帯を見ても夕方から深夜に集中しており短時間で勝負してポジションを閉じておけば次の展開で対応も出来る状況だ。今回は、26日大きく下落した後からのインジケーターを使って取引した履歴になるので方向はもちろん下ではあるものの理事会などを控えた相場だったため売り回転を使用した短期取引をおこなった。3月5日ECB理事会ここで初めてユーロドルを買ってみたが上ヒゲとなり再び売り継続となった。


究極のポイントを教えてくれる!「かわせりぐい」のインジケーター!仕事帰りでもしっかりトレードできる!
Ask ver1.0 by 「かわせりぐい」
Ask ver1.0 by 「かわせりぐい」 | fx-on.com



本日の相場を動かすネタ カリスマブロガー予想は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


| ポンド円予想サイト | 長期戦略サイト | FX注目記事 | おすすめ口座(MT4) |

[ 2015/02/21 15:37 ] Ask インジケーター | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamii7114.blog54.fc2.com/tb.php/1405-6afecb2a