FC2ブログ






ユーロドル戦略 戻り売りの好機か?(日足チャート、Askインジケーターチャート解説付き)

ユーロは、ギリシャ問題が一旦ピークをつけた後からこれまでのトレンドに戻り下落を再開させた。チャートでもごらんのとおり1.14台が上値抵抗となりダブルトップの形となってきている。先週は、1.08まで下落したものの割れずに今週は、一旦反発となり日足の一目の雲下限付近でクローズとなっておりここは、意識されるポイントの一つで戻り一巡後再度下落を想定して1.08割れをトライする動きに期待したいところだろう。ファンダメンタルズ的には、ユーロ圏緩和政策で米国利上げ政策期待となり方向はユーロ売り、米ドル買いの下落なのだが既にこの政策は、市場に織り込まれており目をつぶって売っておくような相場でもないだろう。テクニカル的には、1.08を明確に割れることとなればダブルトップ後安値ブレイクで値幅の倍返しが形勢されやすく1.08~1.14の値幅約600ポイントの下落が予想できる。実際シナリオ的になれば今年安値圏までの下落となりそうだ。注目するポイントは、チャート上に記載しておいた。来週材料としては米ドル材料が注目されそうでFOMCで今年強行利上げが濃厚となるようなら素直にユーロドルは、下値トライ。ギリシャ、上海ショック後商品相場に影響が出てることや先週の米企業決算も平均して好感できる内容でもなかったため年内の利上げ困難との声も一部ではあり米ドル売りでユーロドルが跳ねるようだと一旦様子見してユーロ円での売りに切り替えるのも良いだろう。こちらは、133円を明確に割れてくると今年安値圏をトライしそうだ。ユーロ円は、円買いで下へ引きずられる可能性も十分にあり目先は、138~140レジスタンスで見ておきたい。

ユーロ円は意識されたポイントから下落再開か








Askインジケーター 4時間足チャート(一目均衡表を組み込んでます)で検証してみても反転サインは一旦点灯したものの強買いサインは未だ点灯せずに移行を続けている。よって戻り限界ポイントから下落再開となる可能性がある。

(強買いサインー桃色、強売りサインー青色)



7/8 決済(反転)タイミング を追加しバージョンアップいたしました。

機能充実!ドル円15分足短期売買Ask高性能インジケーター

全通貨対応!4時間足での決済(反転)タイミング追加いたしました!

Askインジケーター活用法 日々少しの努力で・・・(オセアニア通貨編)

売買サインはもちろん!決済(反転)タイミングも見逃さない高性能(スイング、デイトレ)インジケーター

最新版でのドル円 15分足、1時間足、4時間足チャートです



本日の相場を動かすネタ カリスマブロガー予想は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


| ポンド円予想サイト | 長期戦略サイト | FX注目記事 | おすすめ口座(MT4) |


[ 2015/07/26 09:06 ] 中長期戦略 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamii7114.blog54.fc2.com/tb.php/1545-2ff26f59