FC2ブログ






こんな相場の時には、通貨を絞る戦略で

先週から世界株安、為替相場もリスコオフとなっており今後エスカレートする可能性が強いもののこれまでの相場の強さも(急反発)意識しながら流れを見ていかなければいけないだろう。したがってこの世界株価の下落に反応するのは、やはり円相場なのだが今回は、ユーロも売られていた分買戻しが大きくなっており他の通貨に影響が出ていると思う。とりあえず現在の波乱要因は、中国でオセアニア通貨で特に豪ドルが弱くなっており今後中国が何らかの対策を打ったとしても中国経済が安定する可能性はすくないとみているので豪ドルの噴き値でもあれば少し長めに売りポジションを保有しておきたい。ドル円は、125円が今回も意識され結果的には、122円割れへと失速し日米株価が低迷する可能性が濃厚のため今後戻りは、丁寧に売りを仕込む戦略が有効になると見ている。まだまだ突っ込んで売ると捕まってしまう相場と見て急落したら利食いをしながら戻りを待って売っていくシナリオで基本は、豪ドル噴き値売り、ドル円戻り売りでこれが機能しない相場だとユーロドルの戻りも限定される可能性が強くこちらが戻り天井から再び下落へと転じるだろう。市場は、米国利上げ後退ともざわつき始めているがFRBは、なんとしても米国が経済低迷する前に正常化に向けわずかでも利上げをしたいように思えこのあたりは、現在の相場が利上げ後退でドル売りで動いているのか既に利上げを織り込んで動いているのか9月には明確になるまでは見極めずらいかもしれない。とりあえずは、今月一杯で今回の相場は一段落しそうで来月の米・雇用統計あたりから仕掛けても十分に間に合うそんな相場かもしれない。


緊急告知!只今 Askご購入の方に「かわせりぐい」トレードテクニックプレゼント!

ブログでもAskインジケーター関連記事を多数掲載しております。こちらから



本日の相場を動かすネタ カリスマブロガー予想は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


| ポンド円予想サイト | 長期戦略サイト | FX注目記事 | おすすめ口座(MT4) |


[ 2015/08/23 22:04 ] 為替・経済 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamii7114.blog54.fc2.com/tb.php/1602-76b01647