FC2ブログ






イベントでドル安に動いた相場も週末引NY市場は、調整相場。米年内利上げも疑問の声、株価低迷で日銀は追加緩和へ走るか?

FOMCでは、据え置きでドル売りとなり日米株価が失速となったことでドル円にとってはきつい下げとなった週末になった。ただ今年最大のイベントだっただけにFOMC後の参加者は、一時的にでも今年最大だった可能性もある。週末のNY市場では、そんなポジションの調整が為替市場にはおきたのであろう。メインが米ドルだっただけにクロス円は、予想通り上下に引っ張られトレンドが出るような通貨は無かった。そもそもドル円が119円、ユーロドルが1.14台付近から抜けだせず週引けでは、調整したことでFOMCでのイベントでは年内利上げ予想も根強く米ドル通貨でもトレンドが直近では、でなかったと結論ずけたい。しかしながら市場関係者は、中国懸念も含めハト派的な見送りで早くも年内に米利上げができるのか?疑問もでてきており今後米経済の低迷にも注視していく見方も増えそうだ。ただFRBは、年内利上げは、強調しておりイエレン議長は、10月にもありうるともコメントしておりここは、もともと記者会見が用意されないので利上げとなる場合事前に発表されることが予想される。よって可能性の高いのは12月のみとなりまだまだ時間がある。

9/6 記事
日経株価は、遅かれ早かれ下を試す展開へ。2番底は時期尚早!連動性が強いドル円も下げ幅を甘く見てはいけない。

したがってとりあえずは、ドルを買う材料が見当たらず株は、イベント調整から早々とトレンド復帰し日経株価は先物で18000円維持できずに引けており来週東京市場休場の中での相場展開に注目したい。よってドル円も日足での200日線を下回り続けておりしかも直近では、ドルを買う材料が見当たらず121円を上回る展開は厳しそうだ。9月月末にかけて日経株価が大きく下落するようなら10月での日銀追加緩和の可能性もあり実現となればドル円、日経株価エリオット波動的には、上昇5波は既に終了とみて現在調整A波で追加緩和でB波へ移行し最終的にC波の流れに。上昇5波が終了していなかった場合ドル円、日経株価は今年最高値を更新するだろう。よってここが最終上昇5波で天井圏からのA、B、Cの調整が始まる。最終的にドル円の今後上昇材料は、日銀追加緩和、米年内利上げ期待で日銀追加緩和では持続性もあるものの米利上げ期待では強いものにはなりにくく持続性は現段階では、小さいものになるだろう。この材料も確定していないのですべて見送られる場合も想定しておきたい。


5年間で2万pipsオーバーさせたトレードテクニックを限定プレゼント中!



究極のドル円暴落サインを一週間前から解説

Askインジケーターは、ドル円の下落サインを一週間前から連発していた!その一部始終を今回ブログで紹介していた!

機能充実!ドル円15分短期売買も熱い!

ブログでもAskインジケーター関連記事を多数掲載しております。こちらから





本日の相場を動かすネタ カリスマブロガー予想は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


| ポンド円予想サイト | 長期戦略サイト | FX注目記事 | おすすめ口座(MT4) |



[ 2015/09/19 10:44 ] 為替・経済 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamii7114.blog54.fc2.com/tb.php/1664-8a2fbc0b