FC2ブログ






ドル円は、ドル買い材料乏しく次第に下トライへ。次なるサプライズ最大の材料は・・・・

まずFOMCでのおさらいをしてみたい。据え置き発表後米株は、急騰しましたね。この動きはおおまか市場も想定していたと思う。ただイエレン議長の会見あたりから失速となっており年内の利上げ余地が残ったことで動いたのか中国懸念を示したことからの世界経済低迷で動いたのか米株の早々の下落はインパクトあったFOMCだった。結果的には、利上げして見送っても米株の下落は避けられなかった相場になったことは確かでドル円にとってもどちらに転んでも上値は、このイベントでは厳しかったようだ。今後も121~122円あたりでは厚い売り注文が置かれる展開になりそうだが週足のチャートを今回用意した。2012年からの上昇トレンドは、未だ継続しており8月のパニック相場時もしっかりサポートされている。ただこのまま118~122円でのレンジを継続すれば一目の雲に突入となり徐々に下圧力の緊張感が出てきそうだ。直近でのドル買い材料が乏しくなってきており円相場も日本株低迷中で円売り材料昨年から比べると低下していることから下をトライする動きが先行する見方が妥当とみている。今後注目されるであろう材料は、米国の年内利上げ有無そして来月には、日銀の追加緩和有無この2点に絞り込んで戦略を立てておきたい。もともとドル円は、今年来年あたりで天井をつけて大きな調整相場に入ると見ていたのでいずれかの材料で高いポイントがあれば戻りを売る戦略で構える方針。ドル円を大きく持ち上げる材料は、やはり日銀の追加緩和なのでもし実行された場合は、買いを入れても有効だがそこは、買いポジションの当面の逃げ場ポイントとなりそうで緩和も何度もやると市場の反応も鈍くなるのはごく普通のことだけに大きな期待はしないほうが良いだろう。最大のサプライズは米国が年内利上げを見送ったときが今年最大のサプライズになりそうで近年市場参加者に期待をさせていた分インパクトはあるとみている。米利上げ実行でも一時的に株下げ、ドル売りにはなるものの米国利上げ困難となれば調整の範囲を超えてくるだろう。





5年間で2万pipsオーバーさせたトレードテクニックを限定プレゼント中!



究極のドル円暴落サインを一週間前から解説

Askインジケーターは、ドル円の下落サインを一週間前から連発していた!その一部始終を今回ブログで紹介していた!

機能充実!ドル円15分短期売買も熱い!

ブログでもAskインジケーター関連記事を多数掲載しております。こちらから





本日の相場を動かすネタ カリスマブロガー予想は、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


| ポンド円予想サイト | 長期戦略サイト | FX注目記事 | おすすめ口座(MT4) |




[ 2015/09/20 11:22 ] 中長期戦略 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamii7114.blog54.fc2.com/tb.php/1668-60775693